SHUUNDO しゅううんどう・SHUUNDO 渡辺祥益 蓑虫山人 川端玉章 西野新川
-Wellcome to SHUUNDO Homepage- -ごあいさつ- -お知らせ- -店舗案内- -購入・注文- -書画目録- -作品紹介- -表紙へ-
■作品紹介
清水公照 円相 「露思雲想」
No.1701106
東大寺207世清水公照

 円相 「露思雲想」

  ※生きることの儚さを露に思い、
   歩み行く道を雄大な雲に想う。
   
   円相は、人の心に本来備わって
   いる仏性であり、認識可能なも
   のを越えたところ、すべてを表
   すともに、無の象徴でもある。
   
        少シミ有
 紙本横45縦33.5 総丈横49縦117
 布装 共箱
 70,000円

 清水公照(1911〜1999)
 昭和〜平成期の華厳宗僧、東大寺207
 世、208世、兵庫県姫路生、本名・睦
 治、龍谷大学卒、東大寺宝厳院にて得
 度、関精拙に参禅、宝厳院住職を経て、
 東大寺別当、華厳宗管長に就任、大仏
 殿昭和大修理落慶法要を勤修、書画・
 陶芸にも秀でた。平成11年歿88才。
拡大図
清水公照 円相 「露思雲想」 拡大