SHUUNDO しゅううんどう・SHUUNDO 渡辺祥益 蓑虫山人 川端玉章 西野新川
-Wellcome to SHUUNDO Homepage- -ごあいさつ- -お知らせ- -店舗案内- -購入・注文- -書画目録- -作品紹介- -表紙へ-
■作品紹介
大田垣蓮月 月下桜花図 水墨淡彩 「宿かさぬ人のつらさを情けにて おぼろ月夜の花の下ふし」 自画賛
No.1701104
大田垣蓮月

 月下桜花図 水墨淡彩

 「宿かさぬ人のつらさを
         情けにて

   おぼろ月夜の花の下ふし」

           自画賛
 紙本横44.5縦30 総丈横47縦111
 絹装 箱入 
 450,000円

 大田垣蓮月(1791〜1875)
 江戸後〜明治初期の女流歌人、京都生、
 伊賀上野城代家老・藤堂良聖の娘、知
 恩院寺侍大田垣光古の養女、名・誠、
 夫、子供との死別後、神光院月心の門
 に出家して蓮月尼と称する、歌を上田
 秋成、香川景樹等に師事、歌風は流麗
 繊細で、自詠の歌をつけた蓮月焼を製
 作し世に賞美された、若き日の富岡鉄
 斎を訓育、梁川星巌・梅田雲浜等とも
 交流した。明治8年歿85才。
拡大図
大田垣蓮月 月下桜花図 水墨淡彩 「宿かさぬ人のつらさを情けにて おぼろ月夜の花の下ふし」 自画賛 拡大