SHUUNDO しゅううんどう・SHUUNDO 永田耕衣 河東碧梧桐 沢 宏靱 北澤映月
-Wellcome to SHUUNDO Homepage- -ごあいさつ- -お知らせ- -店舗案内- -購入・注文- -書画目録- -作品紹介- -表紙へ-
■作品紹介
三熊花顛(思孝書) 桜花釣瓶図 着色
No.1903201
三熊花顛(思孝書)

 桜花釣瓶図 着色
 絹本横42.5縦124 総丈横57縦195
 布装 箱入 
 180,000円

 三熊花顛(1730〜1794)
 江戸中期の画家、加賀(石川県)の人、
 名・思孝、字・介堂、京都に出て熊代
 熊羆の門人・大友月湖に師事し、写生
 画を研究、殊に桜の画の名手として名
 高く、俳諧も能くした、伴高蹊の『近
 世畸人伝』の挿絵を描き、その続編は
 花顛が文を、妹の三熊露香が絵をかい
 た。寛政6年歿65才。
拡大図
三熊花顛(思孝書) 桜花釣瓶図 着色 拡大 三熊花顛(思孝書) 桜花釣瓶図 着色 拡大