SHUUNDO しゅううんどう・SHUUNDO まつ本一洋 高橋泥舟 樫野南陽 上田耕文
-Wellcome to SHUUNDO Homepage- -ごあいさつ- -お知らせ- -店舗案内- -購入・注文- -書画目録- -作品紹介- -表紙へ-
■作品紹介
狩野勝川院 布袋図 水墨
No.1803201
狩野勝川院

 布袋図 水墨

 ※布袋(ほてい)(?〜917?)
  中国唐末の伝説的な仏僧。明州の人。
  名・契此(かいし)、号・長汀子。四明
  山に住み、容貌は福々しく、体躯は肥
  大で腹を露出し、常に袋を担って喜捨
  を求め歩いた。世人は弥勒の化身と尊
  び、その円満の相は好画材として多く
  描かれ、日本では七福神の一神とする。
 紙本横55.5縦126 総丈横63縦211
 時代裂布装 時代箱入 
 250,000円

 狩野勝川院雅信(1823〜1880)
 幕末〜明治初期の画家、木挽町狩野家
 10代、江戸生、幼名・栄次郎、別号・
 素尚斎、狩野養信の長男、父に学び、
 幕府奥絵師として活躍、法眼より法印
 に叙せられた、木挽町狩野家最後の人
 となるが、門下より狩野芳崖、橋本雅
 邦などの名手を出した。明治13年歿58
 才。
拡大図
狩野勝川院 布袋図 水墨 拡大 狩野勝川院 布袋図 水墨 拡大