SHUUNDO しゅううんどう・SHUUNDO まつ本一洋 高橋泥舟 樫野南陽 上田耕文
-Wellcome to SHUUNDO Homepage- -ごあいさつ- -お知らせ- -店舗案内- -購入・注文- -書画目録- -作品紹介- -表紙へ-
■作品紹介
垣内雲りん 四条納涼図 淡彩 明治壬午(15年)之秋日38才作
No.1803203
垣内雲りん

 四条納涼図 淡彩

   明治壬午(15年)之秋日38才作

  ※江戸期より京都鴨川の四条河原には
   納涼床が設けられていたが、明治期
   には河原一面に床机形式の床がひろ
   がり、涼を求める客で賑わったとい
   う。 現在の納涼床は、鴨川右岸の
   みそそぎ川の上に五月から九月にか
   けて行われている。

  ※「りん」は[隣]の[こざとへん]が
   [やまへん]に変わったもの
 絹本横54縦125.5 総丈横68.5縦212
 絹装 箱入 
 380,000円

 垣内雲りん(1845〜1919)
 明治・大正期の日本画家、飛騨(岐阜
 県)高山生、名・徴、別号・錦嶺、右
 竹斎、父・右りんと、父の師である塩
 川文麟に四条派を学び、京都府画学校
 に出仕、父が金沢に開いた画塾を継承
 するが、のち上京、内外の博覧会、共
 進会などで受賞を重ねた。大正8年歿75
 才。
拡大図
垣内雲りん 四条納涼図 淡彩 明治壬午(15年)之秋日38才作 拡大 垣内雲りん 四条納涼図 淡彩 明治壬午(15年)之秋日38才作 拡大