SHUUNDO しゅううんどう・SHUUNDO 小杉放庵 榊原紫峰 細井広沢 吉田公均
-Wellcome to SHUUNDO Homepage- -ごあいさつ- -お知らせ- -店舗案内- -購入・注文- -書画目録- -作品紹介- -表紙へ-
■作品紹介
細井広沢 「出門盡寒山」
No.1908103
細井広沢

 「出門盡寒山」

 ※門を出づれば、寒山に尽く。
  (門を出れば、草木も枯れたさびしい山
    に行きつく。李白「贈盧司戸」より)
 紙本横55縦30.5 総丈横63.5縦113
 時代裂装 箱入 
 50,000円

 細井広沢(1658〜1735)
 江戸中期の儒学者、書家、遠江(静岡
 県)掛川生、名・知慎、字・公謹、別
 号・玉川等、儒学を林鳳岡に、書を北
 島雪山に師事、柳沢吉保に仕え、幕府
 に出仕、書、篆刻にすぐれ、兵学、歌
 道等諸学に通じ、天皇陵の修築にも貢
 献した、著に『紫薇字様』等。享保20
 年歿78才。
拡大図
細井広沢 「出門盡寒山」 拡大