SHUUNDO しゅううんどう・SHUUNDO 渡辺祥益 蓑虫山人 川端玉章 西野新川
-Wellcome to SHUUNDO Homepage- -ごあいさつ- -お知らせ- -店舗案内- -購入・注文- -書画目録- -作品紹介- -表紙へ-
■作品紹介
橋本関雪 山人看月図 着色 「山人何歳初看月 山月那時始照人」 自画賛
No.1701105
橋本関雪

 山人看月図 着色 自画賛

  「山人何歳初看月
   山月那時始照人」
   

 ※山人は何れの歳初めて月を看るや。
  山月は那時(いつ)始めて人を照らすや。
 (山に住むこの人物が初めて月を見たのは
  いつであろうか。山にかかる月が初めて
  人を照らしたのはいつであろうか。
 絹本横42縦35 総丈横56縦135
 絹装 共箱二重箱入
 200,000円

 橋本関雪(1883〜1945)
 明治〜昭和期の日本画家、兵庫県神戸
 市生、本名・関一、明石藩儒・南画家
 である父・海関に学び、竹内栖鳳に師
 事、文展等で活躍、日中の名画を研究
 し、四条派の基礎の上に大和絵・南画
 も取り入れ、独自の画境を開いた、帝
 室技芸員、帝国美術院会員。昭和20年
 歿61才。
拡大図
橋本関雪 山人看月図 着色 「山人何歳初看月 山月那時始照人」 自画賛 拡大