SHUUNDO しゅううんどう・SHUUNDO 小杉放庵 榊原紫峰 細井広沢 吉田公均
-Wellcome to SHUUNDO Homepage- -ごあいさつ- -お知らせ- -店舗案内- -購入・注文- -書画目録- -作品紹介- -表紙へ-
■作品紹介
原田圭岳 秋草図 着色金泥引
No.1908202
原田圭岳

 秋草図 着色金泥引

 ※秋の七草=秋の野に咲く代表的な
   七種の草花。萩、尾花(すすき)、
   葛(くず)、撫子(なでしこ)、女郎
   花(おみなえし)、藤袴(ふじばかま)、
   朝顔のこと。 この画では、葛の代
   わりに菊が描かれている。
 絹本横57縦117.5 総丈横69.5縦200
 絹装 松廼舎秋渓箱書
 100,000円

 原田圭岳(1803〜1885)
 江戸後〜明治期の日本画家、三河(愛
 知県)西尾生、名・甫、はじめ鈴木南
 嶺に学び、京都にて岡本豊彦に師事、
 天保頃に江戸で活躍、のち豊橋の吉田
 魚町に住して、四条派の名手として知
 られ、柴田是真、佐藤梅鄰等と交流、
 細楷の書に優れ、漆芸も能くした。明
 治18年歿84才。
拡大図
原田圭岳 秋草図 着色金泥引 拡大 原田圭岳 秋草図 着色金泥引 拡大
原田圭岳 秋草図 着色金泥引 拡大