SHUUNDO しゅううんどう・SHUUNDO 三宅凰白 大田垣蓮月 松村景文 藤本鉄石
-Wellcome to SHUUNDO Homepage- -ごあいさつ- -お知らせ- -店舗案内- -購入・注文- -書画目録- -作品紹介- -表紙へ-
■作品紹介
藤本鉄石 柳隠独釣図 水墨淡彩 自画賛 壬戌(文久2年)47才作
No.1804206
藤本鉄石

 柳隠独釣図 水墨淡彩 自画賛

  「鴨東花曙 桂曲月波
   吾家有事 奈流電何」
  
 ※鴨東の花曙、桂曲月波。
  吾家の有事、流電を
  奈何(いかん)せん。
 (鴨川東の明け方の花、
  月と波打つ川の流れ。
  我が家に起きた物事は、
  いかに速く対応するかである。)

      壬戌(文久2年)47才作
 絖本横35縦131 総丈横55縦203
 絹装 箱入 
 100,000円

 藤本鉄石(1816〜1863)
 幕末の尊攘派志士、備前(岡山県)生、
 旧姓・片山、名・真金、字・鋳公、通
 称・津之助、別号・鉄寒士等、叔父で
 岡山藩士藤本彦右衛門の養子となるが、
 勤王の大義を唱え脱藩、諸国を遊歴し
 て、書画、和歌、漢詩を研鑽、山水画、
 花鳥画を能くする、長沼流の軍学も修
 めて、吉村虎太郎、松本奎堂等と天誅
 組を結成、大和に挙兵するが戦死した。
 文久3年歿48才。
拡大図
藤本鉄石 柳隠独釣図 水墨淡彩 自画賛 壬戌(文久2年)47才作 拡大 藤本鉄石 柳隠独釣図 水墨淡彩 自画賛 壬戌(文久2年)47才作 拡大